胸を大きくする方法

MENU


バストアップ効果のあるマッサージやストレッチはテレビや雑誌などでよく紹介されていますが、バストアップに一番重要なのは女性ホルモンとタンパク質です。

 

女性ホルモンの分泌が安定することでバストアップに繋がると言われています。
またタンパク質に関しては、胸は大まかに言えば脂肪の塊ですので脂肪を蓄えるという意味ではタンパク質もバストアップには大切と言えます。

 

女性ホルモンの分泌を安定させるためには普段の生活習慣が重要になります。
不規則な生活、運動不足や睡眠不足といった身体に悪い生活を送っていると当然女性ホルモンの分泌が不足していきます。

 

またストレスなども女性ホルモンの分泌量を低下させる原因にもなるので、適度なストレス発散も大切です。
どうしても生活環境を変えるのが難しいという方は大豆製品を食べることをおすすめします。
大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンと同じ働きをしてくれるのでバストアップにも効果が期待できます。

 

ただ注意も必要で摂取し過ぎると逆に今度元々あった女性ホルモンのバランスを崩すことにもなるのでバストアップ効果は低くなるので気をつけてください。

 

タンパク質に関してもお肉などを小まめに食べるのは良いのですが、食べ過ぎると当然太る原因にもなりますので食べる量は加減しましょう。

 

食べ物以外にも胸の両方の乳房を線で結んだ時の丁度真ん中あたりにだん中と呼ばれるツボがあり、そのツボお刺激することで女性ホルモンの分泌が活発になると言われています。
特に湯船などに使っている際にやるとさらに効果が高まると言われているのでおすすめです。

 

胸を大きくする方法はこれがおすすめ!